花のある暮らしを楽しむための講習会

Pocket

日常に華やぎを添え、心なごませてくれる花々。上手に取り入れるための花器選びやあしらい方を学んで、素敵なクリスマス飾りをつくる講習会が開催されました。その様子をお伝えいたします。

日々の暮らしに、花々を

まずは、ぬくもりあふれる陶器の一輪挿しや透明感あるガラスの花瓶など、種類もサイズもバリエーション豊かな花器の中から、お好みの花器をセレクト。花の選び方やアレンジの方法など、花のある暮らしを楽しむために知っておきたい基礎的な事柄を教わりました。花の世界では奇数枚のアシンメトリーが好まれるため、飾る前に葉は3枚ほど残して取ります。また、水の吸い上げを良くするため、水の中で植物を切る「水切り」をします。花を取り入れた暮らしや提案をしている講師の高井さんによると、花を飾る際のポイントは「野に咲く花のように、自然の姿をいかしながらあしらうこと」。次々に個性的なアレンジが誕生し、歓声があがりました。

受講してくださったお客様の作品を、一部ご紹介いたします。

クリスマス気分を盛り上げる「スワッグ」づくり

後半は、スワッグづくり。ドイツ語で「壁飾り」という意味を持つスワッグは、お好みのグリーンを束ねて壁に吊るすだけでできあがる、シンプルでおしゃれな飾りです。モミ、スギ、ヒノキなど葉を年中つけている針葉樹をメインに、ユーカリ、ヒイラギ、ブルーアイスなどのお好きなグリーンを使用。背面から手前にかけて短くしていくイメージでつくると、壁にかけた時、束が正面を向いたように仕上がります。樹木の力を借りて質感や色合いを楽しみながら整えて、リボンを付けると、見た目も香りも楽しめるクリスマス・スワッグが完成!リボンを水引に変えて正月飾りに変身させるのも、このシーズンならではのスワッグの楽しみ方のひとつです。

ゆいツアーデスクではこれからも、日本の四季を楽しみながら暮らしを豊かに彩る講習会を定期的に開催していく予定です。ひきつづき、どうぞお楽しみに。

〈概要〉
花のある暮らしを~花あしらいとクリスマス飾り~
◎2017年11月28日(火)第1部 11:00~12:00、第2部 13:30~14:30
◎場所 ゆいツアーデスク

辰巳裕子

1998年、花装飾を学ぶために渡英。JANE PACKER FLOWER SCHOOLにて、ウェディング修了書を取得。帰国後、フラワーメゾンBEAUX COEURSを設立。2004年、渡仏。フラワーブティックVARDAで研修。ベルサイユ宮殿やホテルリッツの全館装飾や、ブライダル会場装花などを経験。日本では、芦屋を拠点にブライダル装花を中心に活動しながら、海外アーティストの招聘イベントやパリの花研修ツアーなども企画。

読みもの

2021.11.15 イベントレポート

もこもこのブローチ

2021.11.13 イベントレポート

金 継 ぎ マ ジ ッ ク

2021.11.04 イベントレポート

真結プリマシートとおそろい
世界に一つだけのレザーカードケースつくり

真結の旅

私達がつくる“いまだかつてないバス旅”、 それが「真結(ゆい)」であり、風呂敷の結び方である“真結び(まむすび)”から由来したものです。 “本物”の旅を身体と心で感じていただき、そしてその感動をお客様が共有(結びつき)していただける“こだわり”のツアーブランドです。 観光地やお食事、そしてお宿と、“こだわり”だからこその工夫や心づくしを凝らしますが、決して“本物”=“高級”ではなく、質素な中にも“本物”を追求した旅程を、経験豊かなプランナーがご提案いたします。