神戸「御影ダンケ」コーヒーをたしなむスペシャルイベント

Pocket

日本の“真”の贅沢を味わうバス旅「真結」では、特別車両「ゆいプリマ」車内でお飲み物を提供しています。旅のコンシェルジュであるアテンダントのイチオシは、「御影ダンケ」のバターブレンドコーヒー。今回はお店に足を運び、マスターからコーヒーへの想いや秘話などを聞きながらコーヒーを味わっていただく、ゆいクラブ会員様限定のイベントを開催しました。今後いっそう「ゆいプリマ」車内でおいしく召し上がっていただきたいという願いを込めて、イベントレポートをお届けします。

試行錯誤の末の、バターブレンド

神戸市東灘区の、阪急御影駅近くにお店をかまえる「御影ダンケ」。マスターの寺口孝雄さんは独立される前、コーヒーメーカーに約10年勤務。他では真似できないオリジナルコーヒーを提供する、自分の店を持つことが夢だったそう。「クリームを入れずに、美しいコーヒーの琥珀(こはく)色をそのまま味わえる、まろやかなコーヒーをつくりたい」という想いで、約4年にわたる試行錯誤の末にできあがったのが、よりすぐりの高級バターを焙煎時に染み込ませるバターブレンドコーヒー。これだ!というコーヒーが完成し、開店から今日まで、このコーヒー1種類だけでお店を運営してきたのだそうです。

熱い想いのこもったコーヒー豆はつやつやしていて、口に入れるとバターの香りが。これまでに取材を受けた雑誌や新聞の記事を見せてもらいながら、「ゆいプリマ」車内でなじみのあるバターブレンドコーヒー開発者の想いに耳を傾けるひとときとなりました。

コーヒーカップは、大倉陶園

マスターの背後に並ぶカップ&ソーサーは、すべて「大倉陶園」のもの。数々の陶磁器の中で、一番飽きのこないカップが「大倉陶園」のものだったとか「大倉陶園」のカップだけを使うと約束したことで、なかなかお目にかかれないプレミアムなカップをそろえることができるのだそうです(どんなラインナップなのか、ここには書けないので、ぜひお店でご覧ください!)

ふだんは、お客様の雰囲気からどのカップでお出しするかを決められるそう。今回は特別に、参加された方自身にお気に入りのコーヒーカップを選んでいただきました。自分の好みではなく、多種多様なお客様に対応できるよう、色々なデザインのカップを1脚ずつそろえていくのがマスター流。「大倉陶園」のカップは1,460℃の高温で焼かれているため、薄手でありながら非常に丈夫で、高価だからと飾っておくのではなく、お客様に実際に使っていただいてこそ価値が生まれることなど、コーヒーだけにとどまらない心配りにも触れることができました。

愛情から生まれた独自のスタイル

コーヒーへの知識を深めたのち、お一人様ずつコーヒーを。よく使われる1人分の分量の2~3倍にあたる粉を使います。あたためたカップをコーヒーフィルターにセットして、全体にかかるようにお湯を注ぎます。大切なのは、できるだけゆっくりと、刺激を与えずにかけてあげること。そして、蒸らしの時間も重要です。お風呂に浸かる時、かけ湯をして体を慣らすように、蒸らしの時間はコーヒーに熱湯を注ぐ準備の時間なのだそう。なるほど、とてもわかりやすい例えです。しっかり準備をすることで、中まで深く浸透していくのですね。

コーヒーを抱きしめるようなマスターのしぐさは、コーヒーに愛情を注いでいるから。蒸らす時間はコーヒーが教えてくれるんですと、まるで会話しているよう。最高の1杯を届けるために、いいものを全部注ぎ込む、これが多くの著名人にも愛された「御影ダンケ」のスタイルなのでしょう。ふくよかな香りと口いっぱいに広がる余韻。コーヒーとの相性が抜群の、濃厚なチーズがたっぷり練り込まれたケーゼクーヘンとともに堪能していただきました。

ドリップコーヒーで、幸せな朝を

「いそがしい朝も、バターブレンドコーヒーを飲みたい」というお客様の声から生まれたドリップコーヒー。ご家庭でも気軽においしく飲んでいただくために、マスターが立つ「プロの聖域」にお1人様ずつ入らせてもらい、ドリップバックコーヒーの淹れ方を教えてもらうことになりました。スプーンを入れたカップをあたため、ドリップコーヒーを開封します。封を開けた瞬間の香りをじっくりと味わってから、ドリップパックをセット。お湯をゆっくりと全体に回しかけて、蒸らすこと30秒。あとはカップの大きさに合わせて、お湯を注ぐだけ。蒸らす時間が長いほど濃く抽出されるので、いろいろ試しながら、お好みの濃さを見つけてください。

ひたむきな作り手の想いを知ることで「真結」の旅でのコーヒータイムがより豊かになり、ご参加いただいた皆様の思い出に残るすばらしい1杯になりますように…と願いつつ、5~7月もスペシャルなイベントを企画していますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

御影ダンケ

神戸・御影にお店をかまえて約40年のコーヒー専門店。焙煎直後の熱々のコーヒー豆に最高級のバターを染みこませるバターブレンドコーヒーは、創業以来の看板メニュー。世界でここだけのスタイルを確立している。

読みもの

2021.11.15 イベントレポート

もこもこのブローチ

2021.11.13 イベントレポート

金 継 ぎ マ ジ ッ ク

2021.11.04 イベントレポート

真結プリマシートとおそろい
世界に一つだけのレザーカードケースつくり

真結の旅

私達がつくる“いまだかつてないバス旅”、 それが「真結(ゆい)」であり、風呂敷の結び方である“真結び(まむすび)”から由来したものです。 “本物”の旅を身体と心で感じていただき、そしてその感動をお客様が共有(結びつき)していただける“こだわり”のツアーブランドです。 観光地やお食事、そしてお宿と、“こだわり”だからこその工夫や心づくしを凝らしますが、決して“本物”=“高級”ではなく、質素な中にも“本物”を追求した旅程を、経験豊かなプランナーがご提案いたします。